事業計画・事業報告

令和3年度 南城市社会福祉協議会 事業計画

基本方針

今日の社会福祉をめぐっては、急速な少子高齢化の進行に加え、核家族や単身世帯の増加、住民相互のつながりの希薄化など地域福祉を取り巻く環境の大きな変容に伴い、子供の貧困をはじめとした生活困窮、虐待、孤独死、ひきこもりなど、様々な福祉・生活課題が社会問題となっています。また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大は、市民生活にも大きな影響を及ぼしており、経済的な困窮世帯の増加に加え、感染予防のための外出自粛による社会的孤立の増加が懸念されています。

このような状況の中、本会は住民主体を旨とする地域福祉推進の中核的な組織として、地域のあらゆる生活課題を受け止め、その課題解決にあたることを使命としており、深刻な生活課題や社会的孤立などの新たな地域福祉の課題に積極的に向き合っていくためにも、社協役職員がその役割を再認識し、一丸となって取り組んでいくことが求められています。

今年度も公的福祉サービスだけでは充分に対応できない地域の様々な福祉課題を、地域住民の参加と各種関係機関が連携協働し、これまで以上に地域支援や個別支援に取り組むとともに、「地域の支え合い」機能の構築を図り、“第3次いきいき南城しあわせプラン”の将来像である「一人ひとりを大切に、ともに支え、ともに生きる共生のまち・南城市」の実現に向け、取り組んでまいります。

基本目標

1. 地域住民が福祉活動に取り組む仕組みをつくる

住民一人ひとりが地域に愛着を持ちながら地域福祉の担い手として身近な問題に取り組む活動の裾野を広げていくことが大切です。

そのため、地域福祉活動に関する情報発信の強化を図り、福祉に対する意識を高める啓発活動や福祉教育の充実に努めるとともに、地域福祉を担う人材を育て、活用する仕組みや地域活動に参加しやすい環境の整備を進めていきます。

また、住民同士のつながりを軸に地域活動との連携や多様な交流を通して互いに支え合う大切さを共有し、地域力を活かした福祉活動を推進する地域づくりを進めていきます。

さらに、公共施設等の地域資源を効率的に活用し、住民が気軽に集うことができる居場所づくりや地域の福祉を推進するための拠点整備を進めていきます。

2.必要な人に、必要な支援が届く仕組みをつくる

軽度の生活支援から専門性を伴った公的サービスによる支援まで、地域福祉に関わる複雑・多様化した支援ニーズに対応するきめ細かな相談支援、情報提供を含め総合的にサービスを提供する仕組みをつくることが大切です。

そのため、より身近な場所での相談支援体制と情報提供体制の機能強化を進めるとともに、当事者本位によるサービスの提供を前提に、福祉サービスの質的な向上と権利擁護に努めます。 また、関係機関団体との連携を深め、当事者が必要とする適切なサービスにつなげるコーディネート機能の強化を図る等、地域の福祉力を高める取り組みを進めていきます。

3.安心・安全な生活環境を整える仕組みをつくる

地域福祉活動の推進においては地域を単位として住民相互の顔と顔が見える関係を築き、多様な福祉活動を通して生活課題を見つけ、それぞれの主体が課題を共有し、連携することで問題に対処する機能をもった支え合いのネットワークをつくることが大切です。

そのため、住民主体の福祉活動、ボランティア等の連携をはじめ、福祉関係団体等との横断的な連携・協力体制により、地域独自の支え合いのネットワークを構築するとともに、それらの広がりを支援する取り組みを進めていきます。

また、災害時における連絡、支援体制の強化を図るなど、安心と安全に支えられた生活を営むことができるまちづくりを推進します。

その他 事業実施計画

  1. 会務の運営並びに連絡調整
  2. 調査広報啓発活動
  3. 低所得者に関する事業並びに法外援護活動
  4. 老人福祉に関する事業
  5. 児童福祉に関する事業
  6. 障がい者福祉に関する事業
  7. 母子父子福祉に関する事業
  8. ボランティアセンター事業
  9. 地域福祉ネットワークづくり事業
  10. 福祉サービス利用者援助事業
  11. 福祉団体との連携・協力
  12. 共同募金運動の実施
  13. 介護保険制度関連事業の実施
  14. 障害者総合支援事業の実施
  15. 特定旅客自動車運送事業の実施
  16. 知念社会福祉センターの運営管理
  17. 指定管理施設の受託運営
  18. その他

令和元年度 南城市社会福祉協議会 事業報告・決算報告